軽くてしっかり固定できる着付けに便利な「着付けクリップ」のご紹介 – KIMONODE ITEMS 03

着物初心者の方にとって、「和装クリップ」という言葉を聞いてもよく分からないのではないでしょうか?
私もはじめて和装クリップを見た時、「大きい洗濯バサミだな~」と思いました。
しかし、こちらの「着付けクリップ」は、とってもいいお仕事をしてくれるんです。
今では、私の着付けにはなくてはならない和装小物になっています。

  • 着物をキレイに着たい。
  • 作り帯を上手に結びたい。
  • 帯の締めすぎを防ぎたい。

そういう方に向けて、この記事を書いています。
サンキュークリップについて、これから詳しくご紹介していきたいと思います。

着物初心者にオススメの和装クリップは?

和装クリップ(着物クリップとも呼ばれています。)には、大小のクリップがあります。
大小どちらも主に着物、長襦袢、帯などを固定するために使用します。
ご自分で着物を着たい初心者の方は、大のクリップがオススメです。
理由は、小より大の方が、挟む力が強いので扱いやすいからです。
(サンキュークリップは、和装クリップ(大)の大きさになります。)
個人的な意見ですが、大きいクリップの方が、紛失しにくいという点でもよいと思います。

洗濯バサミじゃダメなの?

結論から先にお答えしますと、洗濯バサミはオススメしません。
洗濯バサミは、着物や長襦袢、帯を固定するだけの挟む力が弱いことが大きな理由です。
また、先端が細いので留め後が残る可能性があり、大事な帯の生地を傷める可能性があります。
その為、洗濯バサミは絶対に使わないようにしてください。

サンキュークリップの特長

サンキュークリップは、約20gという軽さが特長のプラスチック製品です。
単三電池と同じぐらいの重さになります。
手に取ってもらえれば、ほとんどの方が軽いと感じて頂けると思います。
また、他にも下記の特徴があります。

落ちついた木目調のデザイン


着物や帯に馴染む、飽きのこないシンプルなデザインです。

生地を傷めない作り


クリップの内側が凹凸になっており、着物や帯への負担を軽減する形状になっています。

しっかりと挟む

適度な強さのバネが着物や帯をしっかりと固定してくれます。

サンキュークリップの使い方

帯の締め過ぎを防ぎたい時


帯結び前に予め帯板にクリップをつけておくことで、帯を結んだあとが苦しくありません。

長襦袢や着物の背中心をキープしたい時


背中心にクリップを置くことで、きれいに衣紋が抜け、背中心を固定します。主に他人への着付けの場合に使用します。

おはしょりのおくみ線をきれいに合わせる時


衽線(おくみせん)の上下がそろう場所にクリップを仮止めしておけば、着付けが終わるまでずれません。

他にも、帯揚げを整えてもう片方をする間に留めておく時や、帯結びの仮止めの時に使うといった使用方法があります。

まとめ

サンキュークリップについて詳しくご理解いただけましたでしょうか?
たかが和装クリップされど和装クリップと言えるだけの機能があるお役立ち和装小物です。
しっかりと生地を固定できる和装クリップを持っておくと、着付けや帯結びが楽になりますよ!
きれいな着姿を手に入れたい方は、ぜひオススメの商品です!

サンキュークリップの商品ページはこちら