コロナにも暑さにも負けるな!夏着物の新素材生地でマスク・作り方No.2

今回は、前回と違うマスクの作り方です!スマートな立体マスクです!

今回は、マスクの作り方パート2です。
コロナ予防でマスクはこれから必須になりそうですね。
マスクをせっかくつけるなら色々な色柄種類のマスクがあると楽しいのではないでしょうか。

今回作るマスクは、少し前回より手の込んだマスクになります。でも、とっても仕上がりはかっこいいのでぜひお試しください。手縫でもミシンでも大丈夫です。
今回も、夏用着物の新素材生地でマスクを作ってます。 

目次

・夏着物の新素材生地を使った商品の紹介
・材料
・作り方
・まとめ

夏着物の新素材生地を使った商品の紹介

材料

ほぼ材料は一緒です。
ただ型紙が必要になります。

・表生地
・裏生地
・ゴム
・針と糸とまち針
・布用はさみ
・定規
・チャコペン
・安全ピン
・アイロン

作り方

手順1
型紙にそって布を切ります。

手順2
表布・裏布縫い代1㎝のところを縫い合わせます

手順3
縫い目(糸)上にアイロンをかけ倒します。
(表布と裏布で倒し方は、逆になります。)

手順4
縫い合わせたカーブに1㎝ごとに切り込みを入れます。
※縫い目の糸をきらないように注意!

手順5
表布と裏布を中表で合わせまち針で留めます。

手順6
上下を縫います。裏地の端から端までです。
両端は、返し縫いをします。

手順7
表にひっくり返しアイロンをかけます。

手順8
表布の両端を2回折り曲げ
アイロンをかけ縫います。

手順9
ゴム紐を通して完成です。

まとめ

まとめ
いかがだったでしょうか?
何回か作っていくうちにコツをつかんでくるので簡単に作れます。
今年の夏は色々な柄のマスクでお祭り気分になるのも悪くないですよ。