海外から商品の使用依頼があったときの対応方法と流れ – KIMONODE Notebook 01

2018年春夏のイメージ写真の撮影が終わり、発表に向けて準備をしていた頃。
Instagram経由のメールで、海外のフォトグラファー「@nightengalephotography」さんから着物の使用依頼の連絡をいただきました。

やりとりを進めて撮影写真をSNSなどで公開しましたので、どう対応したのかについて記事にまとめてみました。
興味をお持ちの方はご一読いただけましたら幸いです。

ちなみに、私の英語力は、子供向けの絵本を読める程度です。
そんな人間でも、今は様々なツールを活用して海外の人とやりとりできる時代です。

その活用方法もご紹介できればと思います。

突然のお問い合わせ

Nightengalephotographyさんからの依頼をざっくり翻訳すると「写真撮っても良い着物があったら送ってよ!」という感じの内容でした。
これにはKIMONODEのスタッフの面々もうれしいやら、信じて良いのやらでなんとも不思議な感じになったことを覚えています。

そこでつたない英語で何度かやりとりをしまして、「この方は信用できそうだし、何事もトライしてみること!」と教えてもらった住所に着物を送りました。

こんな経験自体が初めてのことで、ドキドキしました。

フォトグラファーのご紹介

今回ご依頼をいただいたChris Nightengaleさんは、シカゴで活動するフォトグラファーです。
女性モデルの写真を中心に撮影されていて、とても絵画的な写真が印象的です。

Cris Nightengale@nightengalephotography

やり取りの中で印象的だった問いは「アメリカ人が着ても、文化的な妥当性は大丈夫?」というものです。
KIMONODEの着物は「誰でもカジュアルに着れる」をテーマとしています。
私たちとしましては全く問題ありませんが、こうして細やかな配慮をされるのだなと興味深かったです。
まさに多人種国家アメリカならではでしょうか?

また自分たちのできる範囲や主張は最初にハッキリと伝えました。
これは海外の方とやり取りする上で大切なことです。
遠慮せずに、自分たちが思うことを伝えてみてください。
それで企画がなくなったとしても、あとでこじれるよりお互いに負担が少なくなります。

撮影、そして返却までの流れ

発送から1週間後には到着したという連絡をいただき、4月のはじめ頃には撮影に入ったと連絡がありました。
*日本郵便のEMSを使用しました。トラッキングナンバーで追跡できるので便利です。

逆に返却は「4月の中旬までにしてね」と伝えていましたが、その日付が到着か発送かの指定をしていませんでした。
その結果、東京キモノショーでの展示に間に合うかハラハラすることになりました。
無事に26日に到着しまして、ホッと胸をなでおろしました。

USPL(United States Postal Service)はトラッキングコードがありません。
最長で発送から2週間前後は時間が必要となります。
スケジューリングには十分にご配慮ください。

撮影終了後、Google Drive経由で写真データが届きました。
事前に数点の写真を送ってもらっていましたが、最終的には4名のモデルさんで撮影されていました。
あまりの撮影点数の多さにビックリしました。
その中から厳選して、Instagramなどで掲載しています。

撮影写真のご紹介

Shaina Skeen@shinerd

KIMONODEさん(@kimonode_world)がシェアした投稿

Alexa Hartfield@lexaleghul

KIMONODEさん(@kimonode_world)がシェアした投稿

豬豬 Ava Gong@avacado.gong

KIMONODEさん(@kimonode_world)がシェアした投稿

PATTAMA@pattptm

KIMONODEさん(@kimonode_world)がシェアした投稿

まとめ

このような機会をつくっていただいた@nightengalephotographyさんには本当に感謝しています。
いつかシカゴへ行く機会があったら、ぜひ訪ねてみたいです。

「自分たちの着物を海外の方たちに着てもらうとどうなるのか」
これを実体験として得られたことが大きな収穫となりました。

これからの世の中を考えた時に、英語でのやりとりは必須です。
*中国語の需要も伸びていくと思いますが、定着はまだ先だと思います。
そんな中、Bad Englishででも自分の意見を伝えていくことが大切です。
そんな機会に出会ったときは、勇気を持ってその一歩を踏み出してみてください。

英語のやり取りで活用したウェブサイト

Google翻訳

みんな大好きGoogleの翻訳ツールです。
AIが賢くなり、翻訳の精度もかなり上がってきています。
このサイトで翻訳をしてから手直しをするといった感じで活用しました。
翻訳後の文章をクリックすると第2案まで提案してくれます。

英辞郎 on the WEB

株式会社アルクが運営するオンライン英和・和英辞書データベースです。
使いたい単語の表現事例などが豊富で、英語の調べ物は基本的にこのサイトを利用しています。
機能がより充実した月額利用料金300円(税別)のプロ版もあります。

撮影のために送った商品