黒を着こなすアール・ヌーヴォー着物と洋服コーデ【ボーラーハット + 青タイツ】 – KIMONODE STYLE 05

暦の上では大寒も過ぎましたが、まだまだ寒いこの頃です。
しかし、「ファッションは我慢!」というひと昔前のテレビのコメンテーターのコメントが今も頭に残っています。

基本的に着物はお腹まわりが温かい衣服ですので、着てみると案外寒さを感じなかったりします。
お腹の上に着物や長襦袢の身頃の上下、何重巻きもした帯と何枚重ねもしているのと同じと考えていただければわかりやすいと思います。
ただ、裾が風で乱れやすいので足元が寒いのという欠点があります。
そこで今回は足元にタイツとショートブーツをスタイリングして、足元の寒さもカバーしちゃいます。

目次

着物 + 半幅帯の基本コーデ

今回の着物は格好良さを追求したかったため、第2回の記事で使用したアール・ヌーヴォー柄の黒を選びました。
また半幅帯には、中原みおさんとのコラボによる干支シリーズの中から「亥(イノシシ)」の柄を選んでいます。

着物と帯の組み合わせを悩むときは、着物の中に使われている同系の色が入っている帯を選ぶとスタイリングしやすいと思います。
今回の場合は、アール・ヌーヴォーの花柄の中に使用されている紫系統の色がある帯を選んでいます。
コーデに悩まれるときはお試しください♪

着物 + ボーラーハット + 青タイツ + ショートブーツ

基本コーデをベースに半幅帯と合わせて青タイツを、着物と合わせて黒のショートブーツをスタイリングしました。
今回もいつもの洋服コーデの時と同様におはしょりをなくしています。

なぜ、おはしょりを作らないのかというと、裾を短くした時に見た目の区切りのバランス感がわるくなってしまうことを避けるためです。
その内、おはしょりのあるなしでの見た目比較の記事も書いてみたいと思います。

胸元には白のブラウス、頭には黒のボーラーハットを組み合わせて全体の印象を格好良く仕上げました。

着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ – front
着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ - oblique image
着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ - oblique image 着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ – oblique
着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ - side image
着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ - side image 着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ – side

裾をどこまで上げるのかは年齢や身長などによって変わってきますが、ひざ下が基本になると思います。
どのポイントが一番自分に似合うか、色々試してみてくださいね。

帯結びについて

帯の青を生かしつつ、イエロー系の柄も見せてふわっとした二段のしめ文庫を結びました。
格好良さの中に、少し可愛らしさを加えることで全体の印象を調整しています。

着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ - back image
着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ - back image 着物 + 半幅帯 + ブラウス + 青タイツ + ショートブーツ – back

まとめ

KIMONODEのオリジナル着物と半幅帯を使った洋服とのスタイリング記事も第5回目となりましたが、いかがでしたでしょうか。
着物はきちんと着るという印象が強い服ですが、これまでの発想にとらわれずにあれこれ試してみると違った表情を見せてくれます。
あれこれ悩みながら自分なりの正解を見つけることもファッションの楽しみ方だと思います。
興味を持っていただけましたら、ぜひ挑戦してみてくださいね♪