初心者でも分かる正しいネイルチップ(付け爪)の付け方・外し方:初級編 – KIMONODE TIPS 13

特別な日に、大切な人と会う時の装いとして着られることの多い着物。

その時に、きれいにネイルを塗られた指先なら、更にあなたを華やかで上品にみせてくれるはずです。
また、指先がキレイだと自分の気持ちもウキウキな気分になれますよね。

今回は手軽に理想的な指先を手に入れたい方にお勧めの「初心者でも分かる正しいネイルチップ(付け爪)の付け方・外し方:初級編」についてご紹介したいと思います。

近日中にネイルチップ(付け爪)についての中級編・上級編のブログ記事をご紹介する予定です。

※ネイルシールを付けたネイルチップをつくってみよう!:中級編
※自分で描くお花柄のネイルチップをつくってみよう!:上級編

目次

ネイルチップとは

ネイルチップとは、両面テープや接着剤で爪に貼り付ける「付け爪」のことを指します。
付け外しも簡単で、色々なシチュエーションにあわせて気軽に理想的な爪を手に入れることができます。
最近は、100円ショップやドラックストアなどで自分好みの色やラメが入っているネイルチップを気軽に購入することができます。

余談ですが、私が着物に合うネイルチップを選ぶときは、着物や帯や半衿のどれかの色が入っているネイルチップを選ぶようにしています。
そうすると、全体に統一感がでてバランスの取れたコーディネートになるからです。
ぜひ参考にしてみてください。

ネイルチップの付け方

今回は100円ショップで、すべて購入しています。
ほんとに、付け方簡単です。
しかも付け終わった後、キレイな指先になること間違いなしです!!

必要なもの

  • ネイルチップ(自分好みのネイルチップをご用意下さい。)
  • エメリーボード(爪やすり)
  • ネイル接着両面テープ(爪専用のもの)

※専用の接着剤でネイルチップを付ける方法もありますが、今回は初心者向けのテープでの付け方をご紹介します。
※ネイル接着両面テープはネイルチップに付属されている場合もあります。

付け方手順

それでは、さっそくネイルチップの付け方を順をおって説明していきたいと思います。
もし時間があるなら、あらかじめ自爪の表面の油分や汚れをリムーバーなどでふき取っておいてください。
(私みたいに家事で手がカサカサの方は、ハンドクリームを塗った後にしてくださいネ(笑)。)
また、甘皮処理もしておくとよりきれいな仕上がりになりますよ。
※甘皮・・・爪(つめ)のねもとの薄い皮のことを指します。

1. 根元側の爪の幅にネイルチップを合わせる。

2. 爪の幅に合わせてネイルチップをエメリーボードで削り調整する。
この時、押したり引いたりせず一定方向に動かして引いてくださいね。
そうしないと、爪に負担がかかり、場合によっては割れたりします。
意外とこのことを知らない方が多いかもしれません。

3. ネイルチップの裏側の根元側に両面シールを貼る。

4. 両面テープをはがし自分の爪に剥がれないよう付けて完成。
(爪先の形が気になる方は、エメリーボードで調整してください。)

ネイルチップの外し方

これさえ覚えておけば、自爪を傷つけることなくきれいに剥がすことができますよ。
面倒がらずやってくださいね。

必要なもの

  • お湯(人肌程度の温度で大丈夫です。)
  • オレンジウッドスティック(甘皮処理で使う道具、もしなければ爪とチップの間に挟める細長いものを準備ください。)

※オレンジウッドスティックは、100円ショップにも売っています。

外し方手順

1. お湯に、ネイルチップを入れ両面テープをふやかします。

2. オレンジウッドスティックを爪の根元とネイルチップの間に差し込みゆっくりと剥がします。
気持ちよく次回ネイルチップを使えるようきれいに両面テープは剥がしておいてくださいね。
それと、擦れ合ってチップが痛まないように、一つ一つネイルチップは保管しましょう。

まとめ

知ってしまえば、ネイルチップの付け外しはそんなに難しくなかったですよね?
気軽に試せるネイルチップを付けて、着物や浴衣と一緒におしゃれを楽しんでいただけると嬉しいです。
近日中に、「ネイルシールを付けたネイルチップをつくってみよう!:中級編」を掲載しようと思います。お楽しみに。