ポリエステル着物・浴衣のお手入れ方法【アイロンのかけ方】 – KIMONODE TIPS 02

着物や浴衣はどれだけ気を付けて洗濯をし、乾かしても、シワが残ってしまうことがあります。

着物ハンガーに半日から一日吊るすことで軽い畳みジワは取れますが、それでもやはり多少のシワは残るものです。
必要に応じて自宅でアイロンがけができれば、お気に入りの着物をよりきれいな状態に保つことができます。

KIMONODEの着物や浴衣はポリエステル製品も扱っていますので、普段のお召し物と同じようにアイロンがけできます。
今回は、上手に着物や浴衣のシワを伸ばすアイロンがけのコツをご紹介させていただきます。

準備するもの

  • アイロン
  • アイロン台
  • 霧吹きスプレー
  • 当て布(木綿のハンカチなど)

アイロンの温度

KIMONODEの着物や浴衣へアイロンをかける場合、中温が最適な温度となります。
ポリエステル生地は熱で縮む場合もありますので、お手持ちの着物や浴衣の表示に従って温度設定を行ってください。

アイロンのかけ方

着物の内側から外側にかけて、シワの箇所へアイロンをかけます。
このとき使うのが、霧吹きで湿らせた当て布です。
当て布は、きものの表面からアイロンをかける時のテカリ防止や頑固なシワを解消したい時に役立ちます。
特に濃色の着物はテカリやすいですので、必ず当て布を使うようにしてください。

当て布を着物の上に置き、その上からプレスしていきます。初めてで不安なときは、着物の裏側に当て布を置き、試しにかけてみて問題ないかを確認します。
このとき、アイロンはドライ設定がオススメです。
スチーム設定でアイロンをかけると、均等にスチームがでない場合に水のシミができることや、長く使用してないアイロンを使用するときに中のサビがスチームと一緒に出て着物を汚す可能性があります。
軽いシワなら霧吹きなしでも取れることがあるので、必要に応じて当て布を湿らせてください。当て布を湿らせすぎないように注意しましょう。

頑固なシワ

霧吹きで湿らせた当て布を使い、アイロンを持っていない手で着物をひっぱりながら一方向へプレスしていきます。
布目に沿ってアイロンを素早く動かし、新しくシワを作らないように注意しながらかけていきましょう。

衿部分

当て布を使い、かけたい箇所ごとに優しく押しあてるようにかけていきます。一か所に数秒間、丁寧にプレスしてください。
衿は、掛衿と本衿で二重になっている部分がありますので形が崩れやすく、裏面からアイロンをするとシワが取れにくいため、上記のようなやり方がオススメです。

アイロンする時の注意点

  1. ポリエステルは熱に弱いため、アイロンの当てすぎに注意して下さい。
  2. アイロンで残った熱や湿気により、再度シワがついてしまう場合があります。
    アイロン後は、しばらくハンガーにかけ、温度が下がるのを待ってから収納して下さい。

まとめ

以上が、ポリエステルの着物や浴衣にアイロンをかける方法です。上記のポイントやISO表示の意味を押さえて、さっそくお手持ちのポリエステル着物で試されてみてください。
ポリエステルはシワになりにくい素材ですが、完全にシワを取り除くことはできません。
しかし、綿などと比べると、格段にアイロンをかける際の労力は軽減されます。

ポリエステル着物のお手入れ記事

アイロンをかける以前に、シワをつくらないようにするには、畳み方や収納方法が大切になってきます。
ポリエステル着物のたたみ方、収納のコツについての記事もぜひご参照ください。